「心」「カラダ」を支えるけんこう総研ストレスマネジメント 株式会社けんこう総研 - 運動と栄養指導による健康セミナー・健康経営コンサルティング

注目のキーワード・タグFeatured Tags

/ HOME / Featured Tags /

キーワード “ストレス度測定/スケール/尺度”に関する記事

  • 2024年4月5日更新 ストレスを健康の味方に変える知識:ユーストレスとディストレスの科学

    ストレスを健康の味方に変える知識:ユーストレスとディストレスの科学 ストレスは私たちの生活において避けられない要素ですが、その影響は私たちがそれをどのように捉えるかに大きく依存します。 [caption id="attachment_3089" align="alignnone" width="600"] 情動ストレス(愛、喜び、悲しみ、怒り、恐怖、不安といった本能的で激しい心の動き)は、……


  • 2024年4月4日更新 EustressとDistressの評価: MEDS尺度の開発とその効果#2

    研究論文紹介 現代社会では、快ストレス(Eustress)と不快ストレス(Distress)の識別が、個人のウェルビーイングとパフォーマンスへの理解を深める上で重要です。この文脈で、MEDS(Measure of Emotional, Physical, and Behavioral Markers of Eustress and Distress)尺度の開発が注目されています。……


  • 2024年4月3日更新 快ストレス(Eustress)と不快ストレス(Distress)を識別する新尺度MEDSの紹介

    快ストレス(Eustress)と不快ストレス(Distress)を正確に評価することは、ストレス管理と個人のウェルビーイング向上において重要です。最近、MEDS(感情的、身体的、行動的指標を用いたEustressとDistressの尺度)という新しい尺度が開発されました。 私たちは日々、いろいろなストレスに直面します。これらのストレスは、私たちの気持ちや体、行動に影響を与えることがあります。……


  • 2023年6月24日更新 心拍変動でストレス度を計測する方法の課題

    おはようございます、けんこう総研代表講師のタニカワです。今日はきのうのつづきで、ストレス度をどうやって測るのがよいかということについて先行研究論文で解析していきます。 心拍の変動分析方法の問題点 心拍の変動を分析して、自律神経系の状態を理解するにはまず、心拍の間隔(R-R間隔)を計測する必要があります。しかしこのR-R間隔は、均等な間隔で取得できるデータではありません。そのままでは解析が難しい……


  • 2023年6月23日更新 自律神経の計測とストレス研究

    自律神経を活動状態を計測する背景 自律神経は、血液循環、呼吸、体温調節など生命の維持に欠かせない機能をコントロールする重要な役割をしています。 自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。これら交感神経と副交感神経の二つがお互いに調和して働くことで生着られると言っても過言ではありません。例えば、心拍数は、交感神経の活動により増加し、副交感神経系の活動により減少します。 交感神……


  • 2023年6月16日更新 ストレス研究参考文献

    参考文献 6) Sothern MS.「カテコラミン、行動的ストレス、運動-シンポジウムへの導入」、医学スポーツ運動雑誌、1991年7月; 23(7):886-8. 7) 細田信介、森本恵子、曽根涼子、杉浦崇夫、西保岳、渡辺達生、村上直。「継続的な自発的走行運動がストレス時の内分泌反応に及ぼす影響」、体力科学、1996年; 45(6): 773. 8) Claytor RP, Cox R……


1 2 3 4

夜間・土日祝の無料相談も随時受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。