「心」「カラダ」を支えるけんこう総研ストレスマネジメント 株式会社けんこう総研 - 運動と栄養指導による健康セミナー・健康経営コンサルティング

株式会社けんこう総研

コラムColumn

/ HOME / コラム / けんこう総研は企業のメンタルヘルスを東京大学院の知見で発信していきます /

健康リーダー応援コラム

けんこう総研は企業のメンタルヘルスを東京大学院の知見で発信していきます

2021年10月22日更新

新型コロナウィルスへの対応のため、私たちの暮らしは大きく変わりました。企業はテレワークが普及し、学校はオンライン授業が日常的になっています。この変化は数十年に一度の大きな歴史的な変革ではないでしょうか。

コロナにより歴史上に残るような変革に大きな役割を果たしているのが「情報」だと言われています。新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、対面コミュニケーション過程をできる限り情報空間に移行するために、リモートワークが急速に普及し、DX、デジタルトランスフォーメーションが推進されています。やがてコロナもワクチン接種が進み、治療薬が出来ると共に終息すれば、対面活動は再開していくことになるでしょう。けれども、昨年から今年にかけてのテデジタル化の加速が減退することはないでしょう。情報空間の活動はさらに発展し、情報は、企業のメンタルヘルス対策にも有用なキーワードになっていくはずです。

最近ではポストコロナの時代を見据え、心身の健康情報を対面カウンセリングなどの単なる代替ではなく、健康管理のための科学的有効実務と捉えるようになってきています。このような考え方はデジタルトランスフォーメーション(DX)と呼ばれています。2004年にこの概念を提唱したEric Stoltermanは、デジタルトランスフォーメーションの究極の目標は人々の「よい生活(good life)」の実現でありることを指摘しています。つまり、企業の活動だけでなく人として、デジタルトランスフォーメーションが必要であることが認知されてきました。

けんこう総研は、創立以来、会社と働く人について、多様な観点から健康支援を進めてまいりました。けんこう総研の「総研」は総合研究の総研です。言い換えれば「心身のゼネラリスト」です。時間栄養学をはじめ、運動生理学・心身健康科学・社会心理学など様々な健康に関する専門分野を繋げて、学際的でユニークな支援をこれからどんどん展開していきます。

創立以来この11年で、心身の健康予防に関わる研究知見を集積し、メンタルヘルス領域を形成できるまでになりました。時代が令和となった今こそ、新たな未来に向けてよりよい健康経営のために、皆さまとともに跳躍をしてまいります。

大学院情報学環・学際情報学府研究生
株式会社けんこう総研代表取締役 タニカワ久美子

夜間・土日祝の無料相談も随時受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。