「心」「カラダ」を支えるけんこう総研ストレスマネジメント 株式会社けんこう総研 - 運動と栄養指導による健康セミナー・健康経営コンサルティング

株式会社けんこう総研

コラムColumn

/ HOME / コラム / コロナウイルスにはストレス対処脳 /

健康リーダー応援コラム

コロナウイルスにはストレス対処脳

2021年7月7日更新

今、コロナワクチンに対するストレスで、とてもナーバスになてる方が増えています。不安や抑うつはありませんか?ストレスがあると誰でも身体が弱ってきて免疫力も下がってきます。そこで今回は、ストレス対処脳についてのお話です。

メンタルヘルスで重要なのは、不安や抑うつに関する症状に気づくことです。

不安のアルゴリズム

不安になるのは、「アルゴリズムがある」というのをご存知ですか?今回の新型肺炎のように「私もかかったらどうしよう」という不安には、「私は身体が上部ではないから」「歳だから」という不安は取り除くことが大切です。そうしないでいるとだんだん恐怖を感じてきてしまいます。「外に出かけられない」状態になりややもするとパニック障害や広場恐怖、社会不安障害などの恐怖症を引き起こしてしまいます。戸外に出かけなくとも、これだけテレビで必要以上に恐怖をあおり続けられると漠然とした不安が絶えず慢性的に続いてしまうのではないでしょうか。これは全般性不安障害(不安神経症)です。

新型肺炎に限らず不安障害に伴う適応障害は、春過ぎると起こりがちになります。入社・転勤のバタバタした時期も終わり、新しい環境と少しだけ見回すことができてくると、どうしても仕事になじめない自分がいる。上司や部下との対人関係でストレスを次々に抱えてしまうことで混合性又は混在性と呼ばれる不安抑うつ障害を発症させてしまいます。こうなると不安の原因であるストレッサーが複数混在しているため、不安症状やうつ症状は軽いのですが、メンタルヘルス不調はなかなか回復しなくなります。こうならない前に、小さな不安を摘み取るストレス対処法を学ぶことは必要です。

うつ病予防に大切なこと

メンタルヘルス疾患になる方の傾向として、本音を言える人がいません。本音を吐き出すことでストレスを消し去るのはとても大切です。「神経質にならないで生きましょう」と言っても先天的な性格や家庭環境によるので考え方を改めるのは困難ですから吐き出すことでストレスを弱めていってほしいのです。吐き出す相手がいなかったらブツブツ自分に話しかけながら公園を散歩してみましょう。そして自分をたくさんほめてあげてください。

健康を手に入れるサリュートジェネシスという考え方

社会人類学者のアントノフスキー氏は、心身の健康とメンタルヘルス疾患を一つの連続的なものとして考える視点を説いた学者です。

社会では毎日悲惨なニュースを垂れ流しています。何故、全く関係のない視聴者にそこまで事件を深入りして伝える必要があるのか、視聴率第一主義のワイドショーなどを暇に任せて視聴し続けていたらメンタルヘルス不調になっても不思議ではないと感じます。興味本位でのぞき見趣味的な暗い世相ばかりを見るのではなく、それを明るく前向きに考えていくスキルを私たち社会人は身につけておけば、きっと貴殿の人生のどこかで貴殿を助けてくれるでしょう。

サリュートジェネシスという理論は、心身の前向きな健康にとても重要なカギを握っています。私たち働く一人ひとりの思うWELL BEING(幸せ)と生活の質の向上を目指して社会生活を最大限発揮させるためのポジティブ心理学の1つの考え方です。ポジティブ心理学は、従来の臨床心理学などがメンタルヘルス障害は心身の弱さに焦点をあてた病理モデルの研究といったネガティブな側面の追求でしかありませんでした。しかしポジティブ心理学は、幸福モデルへのアプローチとして注目されています。

けんこう総研の研修では、参加者一人一人のもっている長所などの社員がもっている潜在的な可能性を促進させることに力を入れています。これらサリュートジェネシスやポジティブ心理学の応用で、社員の心身の健康増進に役立たせます。メンタルヘルス問題の対策はもとより社員の健康阻害ストレッサーの軽減はもちろんのこと健康管理には必須なセミナーになっています。ストレスが多い職場を対象に数日間の研修を行い、一人一人のストレッサーを見つける方法を考えます。企業のメンタルヘルス対策は社会的支援であり健康経営とつながっています。

社内での運動支援・社内でのボディリラクゼーション・ボディコンで初認ぐによる感情ストレスの発散・といった企業での取り組みが重要です。このような研修内容を職場の行動レベルへと落とし込み、メンタルヘルス疾患としての視点でとらえることでストレス対処が初めて効果をだしてきます。今後、ポジティブ心理学でのストレス対処研修は急速に増えていくものと予想されます。社会人の心身の健康課題に対する効果的なな研修を科学的根拠に基づいてけんこう総研は実践していきます。

夜間・土日祝の無料相談も随時受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。