「心」「カラダ」を支えるけんこう総研ストレスマネジメント 株式会社けんこう総研 - 運動と栄養指導による健康セミナー・健康経営コンサルティング

株式会社けんこう総研

コラムColumn

/ HOME / コラム / ストレス仕事の解決法は心身との●●●で決まる /

健康リーダー応援コラム

ストレス仕事の解決法は心身との●●●で決まる

2021年7月2日更新

心と体の健康は、よりよく生きるための知恵

けんこう総研は、働く人の心と体が関連する脳科学によってアプローチをして現代の健康課題となるメンタルヘルス対策をしています。

ビジネスマンにとっての健康とは何か

ポジティブに生活をおくり、やりがいをもって働くとはどういうことか真剣に考えたことはありますか?私たちビジネスマンのかかえる「よりよく生きる」ための健康問題をけんこう総研は科学的・総合的に改善していきます。私たちは社会の一員でなければ社会的に健康であるとは言えません。ストレス社会で生きるためには、健康への知識とストレスマネジメントを身に着け、一人一人がしっかりとしたレジリエンスをもつことが大切です。心と体が健康でさえいれば、未来を切り拓く勇気を必ず獲得できます。セミナー・研修で心・体・社会の面から追及して、ストレス耐性が付いた心を身につけられるようになります。活力あふれる貴社と、豊かなビジネスマンを育むために日夜、研鑽をつづけ貴社と貴社で働く方々に貢献します。

栄養管理とストレッチ運動の相関の視点をもった研修の必要性

けんこう総研は、心と体の関係性を両輪にとらえています。心身のつながりをコンセプトにしています。栄養と運動は、健康支援・メンタルヘルス対策には必須のテーマです。心身健康は、企業の健康経営だけでなく医療や健康教育の場面でも耳にしない日はありません。けんこう総研は、24時間365日「よりよく生きる」ことを追求し、心身のつながりをお伝えしています。

もしも病気にかかったら、きっと心まで暗く落ち込んでしまうでしょ。病気が長引けば長引くほど心まで病んでしまっても無理はありません。でもたとえ、身体が病気にかかっても心まで病ませてはなりません。逆に、心がどんなに暗く闇をさ迷い歩いても、自殺を考えたりと身体を傷めてはなりません。

心身の健康管理をするとき、意思を働かせて心と身体のバランスをとることが大切です。今、ご自分の体で何が起きて、身体がどんな状態になっているのかを客観的に見つめることが大切です。ご自分の感情や情動、気持ちが変わっていく中で、ご自分の精神状況や身体の反応がどういう状態になっているのかを客観的に把握していきましょう。それができてくると、ストレスがかかってもご自分の意思で、メガティブスパイラルにはまることがなくなり、負の方向性をポジティブの方向性に変えられることができてきます。

心身の関連性について、客観的に理解して把握し、ご自身の身体を観察することができるようになれば、悪いストレスをどの時点で変化させることが適切なのか、この先、何が起きて、時間が経つにつれどうなるのかといった全体像をふかんして見据えられるようになります。

日常的に複雑でさまざまなストレスを抱えて生きなければならない私たち、令和で生きる社会人にとって、心理科学に求められる姿勢は、従来通りの心の病理学的なメンタルヘルス不調の対策やストレスマネジメントの研修だけにとどまるものではありません。心の問題、とくにメンタルヘルスの獲得には、ビジネスマンの身体状況と労働衛生安全にも目を向けなければなりません。さらに会社は、働く人のポジティブな感情や、喜びや達成感や地震、楽観思考などにも焦点を当てた職場環境が重要になってきます。メンタルヘルス対策をけんこう総研が行う意義がここに存在しています。

健康経営のさまざまな問題に立ち向かうためには、会社との共存や、他の職場との共生、職場内の会社員との共認関係を包括した考え方や、一社員としての知足(ヘルスリテラシー)といった行動指針が大切なキーポイントとなってきます。

貴社の職場では、共存・共生・共認・知足の4拍子が揃っていますか?

夜間・土日祝の無料相談も随時受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。