「心」「カラダ」を支えるけんこう総研ストレスマネジメント 株式会社けんこう総研 - 運動と栄養指導による健康セミナー・健康経営コンサルティング

株式会社けんこう総研

コラムColumn

/ HOME / コラム / エモーションストレス管理がもたらす生産性の向上【労務・人事担当者様へ】 /

健康リーダー応援コラム

エモーションストレス管理がもたらす生産性の向上【労務・人事担当者様へ】

2021年5月24日更新

エモーションストレス管理は「生産性の上がる職場をつくる」マネジメントです。

短期的に効果が現れ、長期的に成長し続けられる会社となるための「経営者」と「事業場内メンタルヘルス推進担当者」のためのマネジメント手法です。これを「スポーツ科学的」「実施体制確立化」している2点が、一般的なメンタルヘルス研修と大きく異なります

けんこう総研の研修は、「社員が行ったストレスチェック数値基準に基づいて「高ストレス者」を選定する」や「社員との対面カウンセリング」といったメンタルヘルス疾患の早期発見・早期治療といった二次予防ではありません。未だメンタルヘルス不調が顕在化していないビジネスパーソンにむけ、今もこれからも健康な心身の維持増進を目的とした一次予防のメンタルヘルス研修なのです。

エモーションストレス管理を導入された経営者様の多くが、その後の「売上」「業績」を3ヶ月以内に大きく向上させ健康経営に寄与されています。

 

エモーションストレス管理によって離職率が低下

 

エモーションストレス管理によって改善される問題の一つに「離職者が減った」事が今まで一番感謝されたことです。「ストレスチェック評価トアフターフォローに疑心暗鬼社員が多い」「ラインケアの管理監督責任が大きく、疲弊している」「感情的なトラブルが多発している」といった状況の職場内で、特に明らかな効果が現れていらっしゃるようです。けんこう総研では各従業員の「業務内容」と「ストレス」を明確にし、その前後のストレス対処方法と、エモーションコントロールさせることで「生産性」と「感情」を同化して高めています。

 

エモーションストレス管理がもたらす健康経営力の向上

 

エモーションストレス管理は、一人ひとりのビジネスパーソンの心身を健康にすると同時に、会社全体の健康経営についても強い影響を及ぼします。

生産性を上げるために多くの場合、経営者さまは経営力を問われます。従業員は「上司」の評価を、会社は「事業」の評価を上げる役割があります。エモーションストレス管理を受講された経営者様の多くは「スケジュールに忙殺されていた状況から従業員が自ら目標に向かうようになったので、経営者としてのマネジメントが楽になった」と、健康経営力の向上を実感しています。

夜間・土日祝の無料相談も随時受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。